ビジネスローンのデメリット

金利(利息)が高い

ビジネスローンは、通常の銀行の融資や公的な融資と比較すると金利(利息)が高くなります。
通常の銀行融資の金利はさまざまありますが、ビジネスローンにおいては例えば年利で4%から17%と設定され審査の上でその金利を決定することになります。
ちなみに会社や利用者の信用度によって審査されますが、上限金利に近い数値になることも多いので注意が必要です。(初めてビジネスローンを利用する場合には上限金利になる可能性は高いです)

やはり他の融資と比べるとやはりかなり高いとも言えます。
ビジネスローンは融資限度額も少ないのも特徴であり、返済のプランがしっかりできていれば安全であり、目的に沿った使い方であれば有効に活用できるものです。

融資上限額が少ない

ビジネスローンは、一般的には融資上限額が少なくなります。
もちろん、取り扱う業者やビジネスローンの商品により異なりますが、平均的には少なくなります。
ちなみに一般的な融資の上限額は500万円くらいとなり、通常の銀行の融資や公的な融資と比較すると少ない額です。

これは利用者だれもが500万円を融資を受けられるという意味ではありません。
審査によって利用者の信用度や返済能力などの状況から融資金額が決められます。
そもそもビジネスローンの利用目的は運転資金などの急な入り用になった場合が多いと考えれば、金利も高くまとまった融資には適していない(中小企業などにとっては)とも言えます。
その用途として、つなぎ資金や緊急性の高い短期資金に向いていると思われます。


この記事をシェアする